Column
コラム

【絵画の買取】李禹煥の作品を売却!高値で売るコツは?

李禹煥の絵画作品を買取!高値で売るためのコツについて解説

こちらでは、李禹煥(Lee Ufan)の作品を売却する際のポイントやコツを解説します。魅力的な芸術性と作品の価値を知ったうえで、高値で売却する秘訣などを把握しましょう。著名な作家の絵画作品の買取をご検討の際は、株式会社アートフラールまでお問い合わせください。

李禹煥の作品について

李禹煥のモダンアート作品

李禹煥の作品には、東洋の老荘思想や余白の美学といった東洋的な精神性が体現されています。そのため、彼の作品は単なる抽象画というだけではなく、普遍的な価値を持つ芸術作品として国際的に高く評価されています。

李禹煥の作品の魅力と価値

李禹煥は、1960年代から活躍する韓国出身の現代アーティストです。無垢な素材と余白を活かした作風は「もの派」の代表的な作家として知られ、現代アートの中でもユニークな魅力を放っています。彼の作品は、点・線・面といったシンプルな要素で構成されています。そのミニマルな表現からは、東洋的な詩情や禅の世界観が感じられます。

例えば、代表的な「点より」シリーズは、キャンバスに無数の点を一点一点丁寧に描いたものです。作品を間近で見ると、一つひとつの点が微妙に異なる色合いや濃淡を持っていることがわかります。遠くから見れば、まるで墨が滲んだような淡い色調の抽象画となっています。このように、李禹煥の作品は東西の融合を体現した、みずみずしくも神秘的な魅力に満ちています。近年は世界的に高い評価を受けており、作品の価値は年々高まっています。

李禹煥作品の選び方

作品の状態を確認する

李禹煥の作品を買取査定に出す場合、まずは作品の状態を確認することが重要です。作品の状態が良好なら高く評価され、傷みや汚れが目立つ場合は査定額が低くなることがあります。

具体的には以下の点を確認します。

  • 額装の状態(ガラスに傷や汚れがないか、額縁に破損がないか)
  • 作品本体の状態(油彩画の場合は亀裂や剥がれ、版画の場合は印刷ムラや紙の折れ曲がりなど)
  • 汚れや変色、虫食いの有無
  • 保存・管理状況(直射日光を避けているかなど)

作品の状態が悪い場合でも、修復の余地があれば査定額への影響は少なくなります。専門の修復業者に相談することも一つの方法です。

作品の真贋を見分ける

李禹煥作品の真贋を判断するには、作品に付された署名や制作年月日などを確認することが大切です。

【署名の確認】

通常、リトグラフ・版画は作家の署名入りです。署名が本物かどうかは、過去の作品と照らし合わせて判断します。

【制作年の確認】

李禹煥は油彩や顔料を使って描く本画に、水彩画、ドローイング、ドライポイントやリトグラフなどを使った版画などの平面作品や石やプレートなどを使ったインスタレーショインなど様々な表現方法で作品を発表しています。また、もう一つの特徴は、約10毎に描くシリーズを変えていっていることです。作風(シリーズ)と制作年代が合っているか確認しましょう。

【作品の詳細な観察】

1970年代から80年初頭は「From Line(線より)」「From Point(点より)」のシリーズを、そのあとの約10年は「With Winds」、その後は「Correspondance(照応)」そして現在は「Dialogue(対話)」と作品のテーマを変えながら描いています。リズミカルなタッチや質感に色合い、また空間の使い方など、違和感がないか観察します。一定の注意点を押さえていると見分けられる場合があります。ただし、真贋を適正に判断するなら専門家への依頼が必要といえます。

版画作品の版種と制作年を確認する

李禹煥の版画作品は、リトグラフやエッチング、木版画などの版種が重要です。版種によって作品の希少性が変わります。また、制作年は作品価値を左右する大きな要素です。最近は「Correspondance」や「Dialogue」など近年のシリーズの人気があり、価値が高くなる傾向にあります。

李禹煥作品の査定ポイントと売却のコツ

李禹煥の絵画査定ポイント

査定でチェックするポイント

作品のシリーズ

李禹煥の作品は1990年代初頭より発表された「Correspondance(照応)」とその後に発表された「Dialogue(対話)」のシリーズが人気があり高値で売却できる可能性が高いといえます。中でも、カラフルな作品は希少性も高く更に期待ができます。

また、それ以前の「From Line(線より)」、「From Point(点より)」また「With Winds」のシリーズの肉筆作品(油彩や顔料、水彩、ドローイングなど)も世界的な評価の高まりにより高値での売却が期待できますが、何処で販売されたかという来歴がとても重要になるため、注意が必要です。

版画作品のシリーズと技法

李禹煥の主な版画作品の技法は下記のようになります。色々なシリーズの作品が版画化されていますが、肉筆画同様に「Correspondance(照応)」と「Dialogue(対話)」のシリーズが特に高値での売却が期待できます。

  • リトグラフ
  • 銅版画(ドライポイントなど)
  • 木版画

また、技法によっても査定価格は変わってきます。同じような作品でも、木版画のほうが手間と時間がかかるため、高値がつきます。

李禹煥の作品は大作でサイズが大きく、技法として手間のかかる版画が多いため、作品性と希少性により高値で売却できることが多いです。

版画作品の希少性と人気

李禹煥の版画作品は制作数が限られているため希少価値が高く、国内外で人気が高まっています。同じシリーズの中でも希少な作品ほど高値が付く傾向にありますので、所有している作品の人気と希少性を確認することが重要です。また、銅版画、リトグラフなどの版種によっても価値が変わるため、作品の詳細情報を把握しておく必要があります。

作品の状態と保存状況

李禹煥の作品は経年劣化や保管状況によって状態が大きく変わります。作品の状態が良ければ高値で取引できますが、傷みや汚れがあれば査定額は下がります。

一般的に以下の項目が判断基準となります。

  • 汚れ・傷・折れ曲がりの有無
  • 色あせ・変色の有無
  • 額装の状態(ガラス割れなど)
  • サイン(署名)の状態
  • 来歴(発売元のギャラリーシール)の有無

保存状況も重要なポイントです。直射日光や高温多湿を避け、適切に保管されていた作品は状態が良いと考えられます。

作品を高値で売却するコツ

信頼できる買取業者を選ぶ

李禹煥の作品などの高価買取を目指す場合、信頼できる買取業者を選ぶことが重要です。以下のようなポイントがチェックしたい項目となります。

  • 豊富な実績と専門知識…長年の経験から、作品の適正な価値を見極める専門知識を有している
  • 誠実な対応…お客様に寄り添い、ご要望に誠実に対応する
  • 適切な選択肢の提案…作品の状態や希望に応じて、買取・委託販売などの方法を提案する
  • 透明性の高い査定…作品の状態を踏まえた適正な価格で査定する
  • 安全な取り扱い…作品の取り扱いには細心の注意を払い、安全に配慮している
適切な時期に売却する

李禹煥の作品を売却するタイミングとしては、注目が高まっている時期がおすすめです。作家の注目度が高まれば、買取価格も上がる可能性があります。例えば、美術館で個展が開催されるなどの場合、作品の需要と価格が上昇するでしょう。

また、査定額に満足できない場合、一定期間を空けて再度査定を依頼する方法もあります。時間の経過とともに、作品の価値が再評価される可能性があるためです。その際は作品の状態が損なわれないよう、湿度や直射日光を避けるなど、適切な保管・管理が必要となります。

作品の適切な保管と取り扱い

作品を適切に保管・取り扱うことが重要です。作品の保管環境としては、温度20℃前後・湿度50%前後の環境、直射日光が当たらない場所、虫菌害のリスクが低い場所などが適しています。また、取り扱いのコツとしては、素手で触れずに手袋を着用する、端を持ち上げずに水平に運ぶ、額装はマットとガラスで挟むなどです。

このように適切な保管と取り扱いで、李禹煥作品の状態を良好に保つことができます。

李禹煥作品の買取依頼は株式会社アートフラールへ

国際的に高く評価されている李禹煥の作品は、適正な価格で取引することが重要です。株式会社アートフラールは数多くの査定・買取に対応してきた実績を持っており、お客様目線でのサポートが可能です。全国各地からのご依頼を承っておりますので、李禹煥をはじめ著名な作家の作品を売却したいとお考えの際は、お気軽にお問い合わせください。

李禹煥の絵画買取は株式会社アートフラール

会社名 株式会社アートフラール
住所 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4丁目12−22 第三青山ビル 202号
電話番号 0120-033-139
営業時間 11:00~18:00
定休日 土日祝
URL https://artfrall-kaiga.jp/